collection コレクション

HOME > コレクション > ソーマー(ウェルテ・ミニョン自動再演ピアノ)

カテゴリ詳細

  • 古典ピアノ
  • 自動演奏楽器
  • 民族楽器


展示

その他

フリーワード

ソーマー(ウェルテ・ミニョン自動再演ピアノ)

[アメリカ合衆国]
製作者:ソーマー社
製作年:1930年
サイズ:全長161cm、幅140cm、高さ98cm
音域:A₂~c⁵、88鍵

19世紀末は自動演奏楽器の最盛期でした。オルゴール時代の締めくくりとして、最も完成度の高い自動再演楽器がリプロデューシング(自動再演)・ピアノでした。1904年、ドイツのエドウィン・ウェルテ等によって世界で初めて「紙ロール」による「ウェルテ自動再演ピアノ」が製作されました。穿孔したペーパーロールには、20世紀初頭に活躍していた世界的ピアノニストの実演が強弱の表現やペダリングの操作もそのまま記録されていて、その生演奏が再生できるのがこのピアノの魅力と言えます。また、そのロールには当時の有名なピアノニストのサインがされているものあります。しかし、1930年代になると、ラジオ、蓄音器、テープレコーダーの出現によって、当時の人々に愛されたこの自動再演ピアノは製造されなくなってしまいました。

西日本館展示中

[その他の古典ピアノ]