collection コレクション

HOME > コレクション > ドゥンドゥン

カテゴリ詳細

  • 古典ピアノ
  • 自動演奏楽器
  • 民族楽器


展示

その他

フリーワード

ドゥンドゥン

[ナイジェリア連邦共和国]
膜鳴 両面砂時計型 RT

トーキングドラムの一種で、西アフリカ一帯で見られる鼓型の太鼓。セネガルではタマ、ナイジェリアではドゥンドゥン、ガーナではドンドなどと呼ばれている。両面太鼓で楽器を脇に抱えロープのテンションを変化させ、音程に高低をつけ演奏する。先が曲がった木のスティックを使用。いわゆる「話す太鼓」で、通信手段としても用いられた。

本館展示中

[その他の民族楽器]