1974年11月にクラシック音楽を中心とした音楽専門図書館として民音音楽資料館が
開設されました。以来、数多くの音楽愛好家や音楽を研究する方々が来館し利用しています。
11万点以上の録音資料、4万点を超す楽譜、3万冊の音楽書を揃え、更に音楽資料の出版も行うなど、日本の音楽芸術の発展に寄与しています。

 

 

 資料(音楽書、楽譜、CD・LP、LD・DVD・ ビデオなど)検索用パソコン5台と楽譜目録カード、 逐次刊行物所在目録、作曲家全集・楽譜蔵書所蔵リス トで資料の検索ができます。なお、検索用パソコン内のデータは、インターネットからでも検索できます。 視聴ブース10台(うち2台は映像資料の視聴可)があり、CD、LDなどが視聴できます。
 

視聴ブース



 研究者や専門家による学術的な研究・調査のため に、特に資料を精査する必要があるとき、使用できます。オーディオ機器、マイクロリーダーも 設置してあります。
 

研究室



 当ライブラリーは閉架式のため、可動式資料棚が 設置され、約20万点の資料が収蔵されてい ます。
 

資料庫
利用方法/登録申請